この記事の内容は、あくまで ままくまの主観 です。

【盛り上がらないなんてない!】少人数結婚式でおすすめ披露宴演出

挙式や披露宴の演出ってどんなものがあるの?

結婚式を盛り上げるのに欠かせないのが

 演出 ですよね。

でも、

  • どんな演出があるのかわからない
  • 自分がやる姿が想像できない

という方も居ると思います。

そこで今回は、

少人数結婚式におすすめの披露宴の演出

について説明します。

少人数でも素敵な結婚式になる演出をご紹介します!

スポンサーリンク

披露宴とは

披露宴は、お世話になった人たちに

ふたりの結婚をお披露目するパーティーです。

ホテルや専門式場、レストランなどさまざまな場所で行うことができます。

少人数では、

披露宴ではなく会食形式で行うカップルが多いですが、

披露宴の流れを参考にプログラムを組むと、

だらけることなくまとまりのある会食となります。

披露宴の流れ

披露宴の流れは、次のようなものが一般的です。

新郎新婦入場

開宴の言葉


新郎新婦の紹介


乾杯・会食スタート


ケーキ入刀


新婦新郎中座


歓談


新郎新婦再入場・テーブルラウンド


イベント・余興


花嫁の手紙


記念品・花束贈呈


代表謝辞


新郎新婦退場


閉宴の言葉


招待客退場・お見送り

この流れは少人数でも変わりません。

上記の流れを元に、私の例を紹介します。
(ちなみに司会は立てていません)

  • 新郎新婦入場
    キャプテンが入場の一言を言って誘導してくださいました。
    ※キャプテン…披露宴を取り仕切る代表スタッフの方。この時はレストランの支配人でした。
  • 開宴の言葉
    新郎がウェルカムスピーチをしました。
  • 新郎新婦の紹介
    やりませんでした。
    ※代わりに歓談の際にプロフィールムービーを準備しました。
  • 乾杯・会食スタート
    親族のみだったので、乾杯は新郎側の一番近い親戚に頼みました。
  • ケーキ入刀
    しませんでした。(2人とも嫌だったので…)
    ※する場合は、会食開始後、タイミングを見てキャプテンが誘導してくれます。
  • 新婦新郎中座
    しませんでした。(食事やゲストとの交流に、時間を使いたかったので。
  • 歓談
    この間、プロフィールムービーを上演しました。
  • テーブルラウンド
    お色直しをしなかったので、プロフィールムービー終了後、
    キャプテンがタイミングを見て開始の誘導をしてくれました。
  • イベント・余興
    デザートブッフェのケーキサーブと、
    挙式で甥姪が手伝ってくれたので、お礼のプレゼント贈呈の演出をしました。
  • 花嫁の手紙
    しませんでした。
    ※代わりに手作りしたエンドロールにちょっとしたメッセージを入れました。
  • 記念品・花束贈呈
    それぞれ自分の親に花束と写真立てを渡しました。
  • 代表謝辞
    新郎の父親が行い、続いて新郎があいさつをしました。
  • 新郎新婦退場
    入場同様、キャプテンが誘導してくださり、退場しました。
    通常は、両家親も一緒に退場ですが、エンドロールを見て欲しかったので、私たちのみ退場しました。
  • 閉宴の言葉
    用意したエンドロールを流してもらい、
    終了後、キャプテンがゲストに退場を促してくれました。
  • 招待客退場・お見送り
    普通はプチギフトを帰り際に渡すと思いますが、
    私は帰りに引き出物を手渡ししました。
    (席に置いておいても邪魔だし、プチギフト用意しなくて良いし)

私が少人数結婚式で実施した5つの演出

先ほどの流れの説明で述べたように、

私が演出に取り入れたのは次の5つです。

  1. プロフィールムービー・エンドロール
  2. テーブルラウンド
  3. ケーキサーブ
  4. 甥姪へのプレゼント贈呈
  5. 記念品・花束贈呈

プロフィールムービー・エンドロール

映像系の演出は自作しました。

AppleのPCであれば、iMovieを用いてお金をかけずにできます。

私はWindowsだったので、

movaviという1万円くらいの写真動画編集ソフトを購入して作成しました。

CDへの書き込みまで出来るので、

式場や業者に頼むよりもかなり安く

好きなように編集できたのでよかったです。

テーブルラウンド

お酒や飲み物を持ってゲストを回り、

挨拶をしたり、記念写真を撮りました。

カメラマンはお互いの兄弟に頼みました。

ケーキサーブ

デザートブッフェを用意して、各ゲストと交流しながらケーキを配りました。

ケーキなどがあると、

あまり近しくない子供ゲストとも交流するきっかけが持てて良かったです。

私は取りに来てもらう形式でしたが、

ワゴンに乗せて運ぶのも良いですね。

甥姪へのプレゼント贈呈

挙式で甥姪にリングボーイやフラワーガールをしてもらう予定だったので、

事前に欲しいものを調査し、準備しました。

挙式で手伝ってくれた人普段お世話になっているゲスト

サプライズでプレゼントを渡すと喜ばれるでしょう。

記念品・花束贈呈

通常は相手の親へ渡すと思います。

私は打ち合わせの段階でどなたに渡しますか、と聞かれたので、

考えた末、自分の親に渡すことにしました。

『親への感謝がテーマの一つ』だったので、

ありがとうの気持ちを込めて渡したいと思ったからです。

その他少人数結婚式向けの演出

シェフの演出

会食形式で料理が一番のおもてなしとなる場合は、

料理説明や目の前で仕上げてもらう演出などを取り入れると良いですね。

鏡開き

和装であれば、乾杯前に鏡開きをすると盛り上がるでしょう。

ファーストバイト

ファーストバイトは、新郎新婦が互いにケーキを食べさせ合う演出です。

ケーキ入刀を行うと必ずセットでやる演出ですね。

親同士が行うお手本バイトや親に食べさせてもらうラストバイトというものもあります。

新郎新婦の余興

少人数と言うだけあってゲストが少ないので、自分たちで演出を作るのも手です。

歌ったり踊ったり、特技を披露してみたり…?

キャンドルリレー

もしお色直しをするならば、再入場の際にキャンドルリレーを行うのも素敵です。

大人数だとテーブルの代表者にキャンドルを繋いで広がっていきますが、

少人数であれば一人一人に火を渡すことができるので、

より心温まる演出となるのではないでしょうか。

自己紹介又は新郎新婦を紹介してもらう

順番に全員にマイクを回して自己紹介や新郎新婦の紹介をしてもらいます。

ゲスト全員が参加できますし、それぞれの人柄が伝わりやすく、交流の近道となるでしょう。

あまり演出がしたくない人は…

あまりお金も時間もないし、自分たちで余興をするのもなぁ。

でもゲストが退屈したらどうしよう…

そんな不安がある人は、

会場に写真や思い出の品、自分の趣味の品などを飾るブースを作ると良いです。

私は作りました!

写真はこちら。

置いてあるものが、完全に趣味スペースと化していますが…笑。

ゲストはもちろん、親や兄弟も

私たちが好きなものやお互いがどう過ごしてきたかはあまり知らないので、

2人で色々過ごした写真幼少期のアルバムを飾りました。

また、前撮りの写真やアルバムも飾りました。

写真関連だけでは寂しいので、お互いの趣味や好きなものも飾りました。

何か分からなくても置くだけで映えるし!

夫にいろいろ協力してもらったよ!

また、子供ゲストが居るならば、

気を引くようなおもちゃなどを置くのも!

甥は夫の車の模型で終始遊んでいました

子供が何かしているのを見るだけで大人は癒されるものです。

まとめ

今回は、少人数結婚式向けの披露宴の演出について説明しました。

少人数だから寂しいのではなく、

少人数だからできる演出やアレンジがあるはずです。

私は自分の結婚式にとても満足しています!

皆さんも理想の式が挙げられるよう、

色々と試行錯誤してみてくださいね。

迷った時は、

自分が結婚式で一番優先したいこと

を、改めて考えてみてください。
ちなみに私は、ゲストへの感謝でした。

この記事が、少しでもあなたの結婚式準備の役に立つことを願って。

コメント